実務歴36年

システムエンジニア・有冨 淳一(広島市中区)

お客様と共に考え、臨機応変に対応。
見えないからこそ、正直な仕事を 「手早く、正確に」がモットー

「プログラムの世界はわかりにくい」と感じているかたは少なくないかもしれない。
デザインやコピーのように、そのカタチがユーザーに見えるものとは違い、表からは見えないので、クライアントはプログラマーの言うことを信じるしかない。

「だからこそ、正直な仕事をする」見えない世界だからこそ、「自分をごまかすことは、絶対にしない」。
そう言い切る有冨さんからは、温和な雰囲気の中に、自分への厳しさと固い意思が感じられる。

大手の開発では、システムを組む時間より、不具合を探すテストの方に時間をかけることもある。
高価な製品を製造するシステムが、万一でも異常な動きをすればとんでもない大金の損失にもなりかねないからだ。しかし、一方で、かけた時間だけお金がかかることも事実だ。短期間で100%のテストはあり得ないが、「手早く、正確に」をモットーに開発に取り組んでいる。

独立後、中小企業や起業家等から仕事の依頼が絶えないのは、有冨さんの、そのバランス感覚にあるようだ。

先の手を読む囲碁の経験が、活きる 人の心を感じることが大切

子どもの頃から40年間、趣味で囲碁を続けている。子どもは目で覚える。碁盤に並んだ碁石の形がキレイかなど、目で見ながら“勘で打つ”ので、頭で考えてしまう大人になって始めるよりも、子どもの時に始めるほうが強くなるのだとか。

プログラムを組む時に、囲碁で育んだこの“勘”が活きる。囲碁に求められる「先の手まで読む」能力も、プログラムの不具合を見つける幾通りもの可能性を考える源となっている。

パソコンがまだ無い時代から電卓でプログラムを組んでみたり、「モノを考えるのが、好き」という有冨さん。システムエンジニアという仕事は、どうやら有冨さんの天職のように見える。

最近は、Webシステムの依頼が大半となってきた。0からの開発ではなく、SEO対策にも優れたオープンソースをカスタマイズして比較的安価につくるケースが殆どで、ネットショップのオーナーや、産直店の店長などと直接関わることも増えた。

個々の細かい対応は大変かもしれないが、クライアントの困っている事や考えていることを、言葉の端々から読み取ることができ、Web構築に反映させることもしばしば。クライアントの更新作業や、デザインの変更が簡単にできるように配慮している。

「性に合ってるかな」と有冨さん。価格も良心的で、大きなものから小さなものまで様々な開発に対応できることも、クライアントからの信頼に繋がっている。

  • 囲碁
  • 合同会社アンサズ
  • システムエンジニア・有冨 淳一
  • システムエンジニア・有冨 淳一
  • システムエンジニア・有冨 淳一

大手から、個人まで、大小様々なシステム開発・Web製作を手掛ける。

システムの受託開発から、カスタマイズまで幅広く対応。お客様の思い描かれるシステムを実現するために、予算や規模など要望にあった提案を心がけている。EC-CUBEなどのフリーソフトを活用したWebショップサイト構築や、XOOPS・WordPressなどを利用したサイト構築も可能。

・重工業向け鉄鋼構造物設計・製作支援システム開発
・機械設計向けCADシステム・コマンド機能追加
・住宅営業支援システム作成
・国機関ホームページ作成、更新
・ECサイト作成、カスタマイズ
・某業界店舗紹介ポータルサイト作成

【追記】
<対応可能なプログラム開発環境>

  • 言語:PHP、PERL、C、C++、JavaScript、FORTRAN
  • DB :MySQL、PostgreSQL、Oracle
  • OS :Windows、UNIX(Linux)

<Web製作>

  • PHP+MySQL,JavaScript等を利用したWEBアプリケーションの開発
  • XOOPS・WordPressなどを利用したサイト構築
  • Webショップサイト構築(EC-CUBE、ZenCart、楽天、Yahoo!など)

【資格】
特種情報処理技術者

●合同会社アンサズ 有冨 淳一

URL: http://www.ansuz.co.jp/

依頼内容が誰が得意なのか分からない、適した人材を教えて欲しい等の場合はコーディネートを依頼してください。
(コーディネート依頼によって依頼者様に費用がかかることはありません。詳しくは仕事依頼方法ページをご覧ください。)

ページの先頭へ