実務歴15年

税務・会計 松本裕之(広島市中区)

税務・会計 松本裕之(広島市中区)

頑張る人を全力でサポートしたい。
マツダ株式会社でエンジン開発や営業に携わること16年。ユニークな前歴を持つ税理士。「頑張る起業家を全力でサポートしたい」と2013年、「松本裕之税理士事務所」を開業した。得意分野は起業・創業者支援、会社設立と国際税務。クライアントが語る夢を熱心に聞き、事業を継続させるために税理士としてできることをとことん探す。相続においても約60件もの実績がある。そして「臆病なほど何度も確認する」という誠実な仕事ぶりが評判に。「お客様が成功することが目標。お客様の繁栄が私の通信簿です」
税務・会計 松本裕之
業務内容

  • 経理・税務(個人、法人)

  • 創業・開業支援、補助金申請、
    融資サポート、事業計画作成

  • 国際税務・海外進出支援

  • 相続事前対策、相続税申告、
    バックオフィス効率化支援

主な実績

創業・開業から成功までを支援

【コメント】

創業、開業しようと思っても、「何から手をつけたらいい?」「事業として成り立つ?」「経理ソフトはどれ?」「資金をどう調達しよう?」など、さまざまな疑問や不安が出てくる。それらを解消してくれるのが、税理士の松本さんだ。松本さんはクライアントの夢をしっかりと聞き出し、夢を実現させるために必要なサポートを提案。日本政策金融公庫や銀行への融資申請、創業補助金やものづくり補助金などの補助金申請の実績も多く、 “申請を通すコツ”を押さえて着々と進めてくれる。「創業・開業すること以上に、事業を継続させることが大事」と言う松本さんは、クライアントの事業計画に対してあえて厳しく言うこともある。ニーズに応じて各種士業ともタッグを組みながら、成功までの道のりを柔軟にサポートしてくれる。

国際税務・海外進出支援の先駆けに

【コメント】

今、日本企業の海外進出が増えている。支店や現地子会社の設立といった本格的な海外進出だけでなく、輸出入、海外への社員派遣や各種支払いなど国際税務は身近な問題になってきた。中国地方を主な対応エリアとする松本さんも、クライアントが現地子会社を設立するのをサポートしている。日本国内の他士業や海外現地の専門家と、日本企業がアジア各国への進出を支援するプロジェクトチームを組んだ。国際税務は、海外と国内との課税制度の違い、国ごとの租税条約の絡みもありとても複雑だ。多額の追徴課税など予期せぬ問題も起こってしまう。その国際税務を得意分野としてあげる松本さんが、積極的な経営者のよき相談相手になってくれる。

バックオフィスの効率化で夢を実現

【コメント】

経理などのバックオフィス能力は、会社全体の生産性にも影響する。そこで松本さんがすすめるのは、クラウド会計の導入だ。取引データの入力と仕訳の自動化によって、帳簿作成や書類発行などにかかわる作業時間を大幅に削減。一般的な会計ソフトと比べて、作業時間が10分の1になったというクライアントもいる。松本さんはクラウド会計の二強「クラウド会計ソフトfreee(フリー)」、「MFクラウド会計(マネーフォワード)」のアドバイザーでもあり心強い。また、経理を丸ごと依頼することもできる。苦手な経理作業からの解放、作業時間の削減、費用面でも経理担当者を雇うよりも負担が少ないなどメリットは多い。何より、本業により専念できるのがうれしい。

 

よりよい相続を目指す「相続事前対策」

【コメント】

相続税法の改正により、申告が必要になる人の数は1.5倍になると言われている。相続をスムーズに、期限内に相続税の申告・納税をするには事前の対策が不可欠だ。約15年のキャリアで60件ほどの相続の案件に携わってきた松本さんは、事前対策として何が有効なのかを熟知。生前に相談することで、遺言書の作成や相続財産の整理や分割、また納税資金対策を立てることもできる。「よりいい形で相続をしてほしい。そのためにはなるべく早い段階で相談してほしい」と願う。税金や申告といった技術的なことだけでなく、相続させる人、する人のメンタル面にも心を配りながらアドバイスをしてくれる。

追記

【資格】

  • 税理士
  • 小型船舶免許

【アドバイザー登録】

  • クラウド会計ソフトfreee(フリー)
  • MFクラウド会計(マネーフォワード)

連絡先

松本裕之税理士事務所 松本 裕之

〒730-0802
広島市中区本川町3-1-5 ポートインク
tel: 082-208-2923
URL: http://matsu-tax.jp/

 

依頼内容が誰が得意なのか分からない、適した人材を教えて欲しい等の場合はコーディネートを依頼してください。
(コーディネート依頼によって依頼者様に費用がかかることはありません。詳しくは仕事依頼方法ページをご覧ください。)

ページの先頭へ