実務歴42年
建築士・西村將人(広島市佐伯区)
自然に触れ、心地よさに包まれる家づくり&住まいの提案を建築設計から施工まで手掛けるアーキテクト。
風通し、日当たり、眺めの良さにこだわり、既存の地形や環境を生かした「自然との一体感を得られる家づくり」に定評がある。住む人のライフスタイルや要望をとことん話し合い、そこから得たインスピレーションと独自の感性を融合させてデザインしていく。余分な費用をかけず、設計の意図や細かな“想い”が工事に的確に反映できるよう、建築設計から施工までを手掛ける。
NISHIMURA
業務内容
建築設計・施工(主に個人住宅)
リフォーム
MASATO
主な実績
倉敷市建築文化賞・住宅部門優秀賞受賞~武鎗邸

【コメント】
サーフィンが好きなオーナーの「ラフで洋風なデザインに」という要望を元に設計。田園地帯の一角、田んぼを埋めてあった場所に更に土を盛り、緩やかな丘の上に建つ家にした。土を盛った部分に1階を半分埋めるように建て、車庫として利用。周りの自然との調和を考えて樹木をバランス良く配置し、緩やかな斜面部分には一面に芝を植えた。
外壁は木板と石を使って変化をもたせ、木板(シーダーサイディング)は薄いブルーグレーのペンキで塗装。内部はRの壁(曲面のある壁)を部分的に用いてアクセントにするとともに、風通しや空間の広がりを実現した。自然の中に家が建っているようなイメージが評価され、受賞につながった。

もとの土地を生かした建て替え住宅~部谷邸

【コメント】
もともとあった納屋を取り壊し、住宅に建て替えた。納屋の窪みをそのまま生かし、その部分を車庫に。外観は直線の中に曲線をプラスしたデザインにし、温かみのある自然の建材を使ってシンプル&ナチュラルに仕上げた。和室を作らなかったため、リビングに仏壇を配置。前面に壁と同色の扉をつけ、必要に応じて目隠しできるように配慮した。
住む人が主役であり、家は主張せず長く愛されるものに…という考えのもと、外装も内装も奇抜なデザインや色使いをせず、シンプルに仕上げるケースが多い。

段差のない玄関、暖炉のある家~森重邸

【コメント】
扉を開けて家に入ったところに「靴を脱いで上がる段差」をあえて作らない玄関を勧めている。特にバリアフリーを意識しているわけではなく、段差がない分、空間がより一体化され、シューズボックスや収納部分も無駄なく取れ、来客者との目線が同じになるというメリットも。また、暖炉を設置した「火のある生活」も提案しており、ライフスタイルや好みに合わせて暖炉の大きさやデザインを変える。
家を引き渡した後のメンテナンスも行っており、クロスのちょっとした直しやペンキの塗り替え、鍵の修理などにも対応。


洗面所・お風呂・トイレをワンルームに~木本邸

【コメント】
日本の一般的な水まわりは洗面所、お風呂、トイレが全て独立しているのが普通だが、ワンルームにまとめることによって広々とした「リラックス空間」が生まれる。各スペースがゆったりした配置になるよう設計し、洋式スタイル(洗い場を作らずバスタブの中で洗い流すタイプ)を提案。足を伸ばして入れる上、ひとり一人がその都度お湯を流して出るので衛生的かつバスタブ掃除の手間も省ける。バスタブは浅めなので入る度にお湯を溜めて入っても水道代の心配はない。天井にはトップライトを設置し、星空を眺めながら入浴を楽しめ、換気の役割も果たす。
ドアノブや水道の蛇口など毎日使うもの、触れる部分にちょっと凝ったものや質のいいものを使うようにしている。そんな小さな贅沢が暮らしにゆとりを生むと考えている。

追記 連絡先
    【資格】
一級建築士

【受賞歴】
平成5年倉敷市建築文化賞 住宅部門優秀賞受賞


      有限会社アーキビジョン二シムラ 西村將人

〒731-5111
広島市佐伯区美鈴が丘東4丁目23-7

tel/fax : 082-929-1205

   

依頼内容が誰が得意なのか分からない、適した人材を教えて欲しい等の場合はコーディネートを依頼してください。
(コーディネート依頼によって依頼者様に費用がかかることはありません。詳しくは仕事依頼方法ページをご覧ください。)

ページの先頭へ