実務歴13年

きもの遊びコーディネーター・澤井律子(広島市中区)

きもの遊びコーディネーター・澤井律子

「晴れ着や礼装としてだけでなく、もっと気楽にきものを着て出かける場所や機会を広島に増やしたい!」と、澤井さんが「ひろしまきもの遊び」を発足したのは2005年。
きもので参加できるイベントの企画・運営のほか、きもので日本酒やお抹茶を提供する「きもの茶屋」やカフェの運営、海外映画の撮影協力などを手がけ、きものを通じて世代や性別、国籍を超えて交流できる機会を創出するコミュニティとして活動を続けてきた。

きものを通じて人の輪を広げ、和文化に親しむ場と機会を提供

和文化体験プロジェクト

広島を訪れる海外の観光客向けの和文化体験プロジェクトとして、「和カルknow(わかるのぅ)」を2016年7月からスタート。きものを着て写経、書道、お香、茶道、投扇興、和菓子、風呂敷体験、折り紙体験など、広島の名勝・縮景園の明月亭をはじめ幟町の和の学び舎にて体験できるのが特長だ。事前予約制で、ゲストハウスや学校などへの出張開催も行っている。

きものの着付け講師として個別・グループレッスンを行うほか、日常できものを楽しむきっかけづくりのためのワークショップ講師も務める。知っておきたいきものの所作やマナー、コーディネート術、和文様や風呂敷などの知識をレクチャー。社員研修としての着付けレッスンや店舗への集客を兼ねたワークショップ開催など、企業や店舗とのコラボレーションにも対応する。

着付け講師
きもの茶屋

きもの好きの輪が広がる中で「着て楽しむだけでなく、きものを通じて和の心を知り、学び、多くの人と共有できる場を作りたい」と日本の文化や伝統を担う職人や専門家を招いた勉強会やセミナーを企画。水引体験、練り香水や帯留めづくり、和膳マナーや大和言葉講座などを、各処で開催してきた。今後は、和のことなら何でも学べる場所としてオープンした「和の学び舎」を拠点に日本文化を発信していく。

「きもの」をキーワードに、和に特化したイベントや活動を企画・運営

2005年に発足、12年を経て2017年3月に一般社団法人化。2013年から広島フードフェスティバルへの「きもの茶屋」出店、2014年からは榎酒造での蔵開きバスツアーを企画・運営を行い、好評を得ている。2015年10月から2017年4月まで、縮景園内で企画・運営を手がけた屋外型和風カフェ「にわかふぇ」では、1日に最高400組の来店者を動員。2017年5月に広島の酒・きもの・街めぐりをテーマにした書籍「きもので酒さんぽ」刊行に伴い、広島T-SITE 蔦屋にて「ふだんのきもの」ワークショップを開催。2017年7月1日にはアメリカL.Aで開催されたアニメエキスポにて、250名を超える来場者向けに「How to wear Japanese Kimono」のワークショップを実施し、好評を得た。

    【業務内容】
  • イベント企画
  • 和ごころセミナー講師講演
  • きものイベントプロデュース
  • 「和カルknow」プロジェクト
  • 「和ごころ塾」
  • 出張きもの茶屋
  • 着付けレッスン
  • 和こもの雑貨企画
  • 和のことモニタリング
  • 海外での着付けワークショップ
  • 和遊の輪
    【主な実績】
  • RCC文化センターにて着付け教室開講(2006年~)
  • ちゅーピーカレッジにて和のこと講座(2017年4月~)
  • 縮景園「にわかふぇ」企画・運営(2015年10月~2017年4月)
  • フードフェスティバル「きもの茶屋」出店(2013年~)
  • ライブグリーン「きもの茶屋」出店(2016年~)
  • 地元企業とのコラボでフラワーフェスティバルにて着物人100人パレード遂行(2016年)
  • 浴衣でカープ観戦(2015年~)

●一般社団法人 ひろしまきもの遊び  澤井 律子

〒730-0016
広島市中区幟町6-11 坂田ビル2F
Mail:wabisabi@kimonoasobi.info
URL: http://www.kimonoasobi.info
    【書籍】
    「きもので酒さんぽ」
    【資格】
  • 着付け講師
  • きものカラーコーディネーター
  • 和文様マイスター

 

依頼内容が誰が得意なのか分からない、適した人材を教えて欲しい等の場合はコーディネートを依頼してください。
(コーディネート依頼によって依頼者様に費用がかかることはありません。詳しくは仕事依頼方法ページをご覧ください。)

ページの先頭へ