THE プロフェッショナル広島
  • soso
HIROYUKI
ONARI

実務歴18

  • コンサル・アドバイザー
食堂・委託給食業務 管理運営

大成 浩之おおなり ひろゆき

広島市佐伯区

おいしい食事で笑顔と体を創る エールを贈るフードサービス

「後輩を応援したい」という気持ち

大学時代にプロボクサーとして活躍した大成さん。スポーツ選手にとって、食事がいかに大切かは十分理解していた。母校・崇徳高校から野球部と柔道部の寮での食事提供を依頼された時、体がすぐに動いた。
勤務していたひろしま駅弁で給食事業部を立ち上げ、委託給食業務に没頭。柔道部を全国大会へと導いた。
安芸高田市に総菜工場を開設し、地元農家と産業を結ぶ日本初の事業も構築。大成さんのフードサービスの原点は「応援したい」という気持ちだ。

熟練のスタッフ、迅速な対応が強み

平成22年に東洋フードサービス株式会社を設立、「美味しい食事を創ります。みんなを笑顔にしたいから!!」というキャッチフレーズを掲げた。
食堂の現場を訪ねてスカウトした調理師や管理栄養士の高度な技術と豊富な知識を強みに、地産地消とトレーサビリティーのしっかりした食材選び、食品衛生管理を徹底。経営者として、営業マンとして走り回り、クイック・レスポンスの迅速な対応で信頼を獲得。2年間で14件という委託給食実績がそれを裏付ける。

食堂運営をオーダーメードで提案

現在、福祉施設や企業、高校、病院などにある、11の食堂を管理・運営。事業主や利用者のニーズに応じた食事、価格や支払方法など食堂運営システムをオーダーメードで提案。店長の上にスーパーバイザーを配置し、コスト管理や現場の指揮管理機能を向上させている。
2013年4月から広島県女性総合センター(エソール広島)のレストラン運営、宴会場で食事を提供。「エソールを拠点に食堂運営の効率化を図る新システムを構築したい」と夢が広がる。

夢を現実へと引き寄せる強い信念

「安全・安心・おいしいのは当たり前、レストランのようにおもてなしのこころを持ってサービスします。安価だからまずくても仕方ないと許されてきた業界にメスを入れたい」と語る大成さん。
今後の目標は、2018年に委託給食実績50件、売上10億円。企業や福祉施設への働きかけを強化する。「夢を見ているような数字ですが、思わないと達成できません。きっと達成できると信じている」。強い信念で、夢を現実へと引き寄せる。

  • 確かな実績と情熱で、地元密着型の委託給食業務を管理・運営

    百貨店の外商でトップクラスの販売実績を4年間維持。その営業力をもって「ひろしま駅弁」に入社。新事業として給食事業部を立ち上げ、100件以上の委託給食運営実績を上げた。安芸高田市の総菜製造工場開設に責任者としてかかわり、オール電化システムと生産農家の生鮮食品を最短ルートで商品化する新システムを構築。その後、2010年に「東洋フードサービス(株)」を設立。病院、老人施設、企業、学校、施設内宴会場・レストランなど、地元密着型の委託給食業務の管理、運営を行う。

業務内容

・病院、老健施設、企業、学校等の委託給食業務の
・管理・運営
・施設内宴会場・レストラン運営
・弁当、総菜の小売販売
・飲食店経営

運営管理体制

・管理栄養士
・調理師インストラクタ-
・スーパ-バイザ-
・給食サービス管理士

連絡先

東洋フ-ドサ-ビス株式会社
  代表取締役社長 大成 浩之
〒731-5135 広島市佐伯区海老園4-1-1

TEL:082-943-1111

HP:http://www.toyo-fs.co.jp