THE プロフェッショナル広島
  • soso
KEIKO
SASAKI

実務歴12

  • コンサル・アドバイザー
  • 講師
コーチングコーチ・シニアライフアドバイザー

佐々木 華衣子ささき けいこ

広島市西区

「なりたい自分」へ導く 笑顔のサポーター

一人ひとりにじっくり寄り添う

個人の目標達成を1対1で支援するパーソナルコーチングに力を注ぐ。「コーチングの基本は傾聴」とし、課題の回答をアドバイスするティーチングではなく、クライアントの目標達成(課題解決)能力を最大限に引き出すサポートを実践する。聴くことと質問することを大切にする姿勢は女性からの人気が高く、ステップアップをはじめ、就職や結婚、ダイエットなどテーマは様々。「クライアントが目標を成し遂げて、『ありがとう!』と言っていただけるのがコーチの醍醐味」と話す笑顔は、柔らかくしなやかだ。

笑顔を引き出すコーチング

NPO法人ハロードリームの「笑顔のコーチング」の講師(ファシリテーター)として活動する佐々木さん。家庭や職場、友人やご近所など、様々な場面でお互いの笑顔を引き出すことによって良好な関係の構築につなげるコミュニケーションの方法を紹介する体験型の講座を展開している。参加者の笑顔を引き出すため、「まず私自身が笑顔で接し、いかに楽しんでいただくかを考えて取り組んでいますね」と微笑む。男女・年齢を問わず気軽に参加できるコーチング入門用のプログラムとしてもおススメだ。

いきいきライフサポート

シニアライフアドバイザーの佐々木さんが講師を務める、NPO法人「中国シニアライフアドバイザー協会」オリジナルのエンディングノートを使った書き方講座が人気だ。70代以上の高齢者を中心に、40、50代の子世代からの関心も高いという。「身辺を見直して整理する〝自分の棚卸し〟をして、自分の想いを綴るノートを定期的に作成することは大切。今後やりたいことも書いて、そこに向かっていく力にもなります」と佐々木さん。公民館やシルバー人材センター、医院などで開催し、地域・友人グループなどの依頼も受け付けている。

コミュニケーションの秘訣は

コミュニケーション講座の講師としても活躍する佐々木さんは、「コミュニケーションで重要なのは、まずはしっかり聴くこと」と語り、人の話を最後までしっかり聴くことの難しさを指摘する。自分の話をしたくなる、先を読みすぎてしまう、自分に都合よく解釈するなど、老若男女を問わず、最後まで話を聴かないことによって〝上手くいかない〟ケースが実は多い。加えて、「聴くと話すは表裏一体」とも説く。きちんと聴けるようになることは、話せる=伝えるようになるための近道でもあるのだ。

  • 高いコミュニケーション力によって、クライアントを最終目的地までしっかりと導くサポート

    コーチという言葉は馬車に由来し、「大切な人を望むところまで安全に送り届ける」との意があるという。これまでに約100人のパーソナルコーチを担当。クライアントの話にしっかり耳を傾け、クライアントに必要な質問によって目標を達成する能力や可能性を引き出し、着実に目的地まで導く支援で成果を上げる。また、シニアライフアドバイザーの活動の一環として、エンディングノートの書き方講座の講師を務める。好感の持てる話し方や要点を絞った内容が親世代、子世代のいずれからも「わかりやすい」と人気だ。さらに、会話術やコミュニケーションスキルの指導なども手掛ける。相互理解のためのコミュニケーション力が重要視される中、常に笑顔で寄り添う、心強いサポーターの存在感が高まっている。

業務内容

・プライベートコーチング
・笑顔のコーチング講座
・エンディングノート講座
・会話術・コミュニケーション術 セミナー講師

お仕事実績

・コミュニケーション講座
 広島市  祇園公民館 他
 広島県シルバー人材センター依頼 広島県内10ヵ所
・エンディングノート講座
 広島市  八幡公民館 他
 東広島市 福富町竹仁地域センター 他
 広島市  永山医院 他
・笑顔のコーチング
 広島県内 公民館・交流プラザ・中学校 等多数

資格

・プロフェッショナルコーチ
(銀座コーチングスクール認定・CTI応用コース修了)
・シニアライフアドバイザー
 シニアライフコーチャー
(NPO法人中国シニアライフアドバイザー協会)
・ケアカウンセラー
(広島カウンセリング・スクール認定)
・NPO法人ハロードリーム
 笑顔のコーチング ファシリテーター

日本コーチ協会広島チャプター  会員
NPO法人中国シニアライフアドバイザー協会 理事
study groupはぴすた メンバー

連絡先

コーチ K’s smile 佐々木 華衣子

TEL:090-8711-5784